LBIサロン20110225

Views:
 
Category: Education
     
 

Presentation Description

No description available.

Comments

Presentation Transcript

仮想化サーバーを使う?:

WEB サーバーに仮想化は必要か? 仮想化サーバーを 使う?

仮想化サーバ利用目的:

仮想化サーバ利用目的 ハードウェアをエミュレートすることで複数の OS を 稼働 複数台のサーバーを運用している場合、 CPU リソースを無駄に余らせる

サーバー仮想化に必要なもの:

サーバー仮想化に必要なもの 物理マシン + サーバー仮想化ソフト(ハイパーバイザ)

ハイパーバイザ:

ハイパーバイザ Vmware 最大手 Hyper-V マイクロソフト 最大手の VMware に対抗 XenServer シトリックス Linux サーバーを中心に運用するならこれ

物理マシンのスペック:

物理マシンのスペック 仮想化機能( Intel VT や AMD-V )が実装された 64 ビット対応の CPU を搭載しているかどうか CPU 以上にメモリの容量がサーバー仮想化では重要 1GB のメ モリを使うサーバーを 5 台仮想化するのであれば、最低でも 5GB のメ モリを搭載していないといけない。

WEBサーバーに仮想化は必要か?:

WEB サーバーに仮想化は必要か? 通常は不要。 メモリ、CPUを最大限活用するために、仮想化で占有されるのは避けたい。 仮想化は適材適所で。

ispCP:

オープンソースのサーバーコントロールパネル レンタルサーバサービスを提供する ispCP

各ドメインユーザのコントロールパネル:

レンタルサーバのサービスを使う 各ドメインユーザのコントロールパネル

phpMyAdmin:

MySQL を編集 phpMyAdmin

オープンソースを活用しよう:

http://www.ossj.jp オープンソースを活用しよう

汎用CMSのなかまたち:

Movable Type ブログ だけでなくウェブページやファイル管理も可能な、ウェブサイト全体を管理するコンテンツ管理システム (CMS) です。中小規模のビジネスブログから大規模なウェブサイトまで、柔軟なサイト運営を実現 。 Geeklog ブログ 機能を中核とする汎用 CMS 。 携帯対応・多言語サポート・テーマシステム等。プラグイン管理で機能拡張管理を行う 。高機能ながら軽快に動作。小さなサイトから大型サイトまで。セキュリティギークのための CMS として誕生。 2010 年、スローガンを「究極のブログ」から、「 The Secure CMS 」に切り替えた。 WordPress WordPress ( ワードプレス ) は、オープンソースのブログ /CMS プラットフォームです。セマンティック Web 、 コードやデザインの美しさ、 Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます 。 Joruri 徳島県と株式会社アイ・ディ・エスは、徳島県ホームページの再構築のため、自治体サイト向け CMS として Joruri を共同 開発。 Ruby on Rails によりプログラミングを行い、開発後オープンソースソフトウェアとして 公開した。 ek-MyWEB インストール に必要なディスクスペースが 1.1MB の軽量。ブログ、掲示板、固定ページのほかプレゼンテーション用表示、集計つき表作成、ショッピングカート、携帯電話、 OpenID にデフォルトで対応 。 Contao ( 旧 TYPOlight ) PHP5 と MySQL による汎用 CMS で、管理ページと公開ページが分かれているタイプ。アクセスしやすい XHTML によるページを作成可能 。 汎用 CMS のなか またち

Slide 41:

eZ Publish 商用 CMS で標準的に装備される記事管理(バージョニング含む)、ユーザー権限管理、ワークフロー、 自由なデザインを可能にするテンプレートフレームワークはもちろんのこと、コンテンツ管理機能のカスタマイズを実現する CMF (コンテンツ管理フレームワーク)としても一面も持ち合わせています 。 NetCommons 国立情報学研究所 NetCommons プロジェクトが開発 Concrete5 普段、ホームページを作る時は、専用ソフトを購入してサイトを作り、アップロード等を行う必要がありました。 concrete5 は、それらのプロセスを省略し、ホームページ上で、すべてを直感的に編集できるようにというコンセプトで生まれた、画期的なオープンソース CMS です。 コンクリートブロックを積み上げるようにサイトを制作して行けるようにというコンセプトの元に開発されました。またグループでも運用出来るような工夫がしてあります。 Liferay Liferay は、 Java や Web2.0 といった技術が用いられた、エンタープライズ向けのオープンソースポータル XOOPS Cube Legacy 他のオープンソース CMS に比べて日本語、中国語などマルチバイト言語への対応度が高い。 EUC-JP が標準。「モジュール」と呼ばれるプラグイン型プログラムを組み込むことにより、機能を自由に追加できる 。 Drupal プログラム言語 PHP で記述されたフリーでオープンソースのモジュラー式フレームワークであり,コンテンツ管理システム( CMS )。システム管理者にコンテンツの作成と整理、提示方法のカスタマイズ、管理作業の自動化、サイトへの訪問者や寄稿者の管理を可能にする 。 Plone オープンソースのアプリケーションサーバーである Zope 上に構築されたコンテンツ管理システム 。

Slide 42:

SITE PUBLIS ミックスネットワークが販売するコンテンツマネージメントシステム (CMS) 。 TYPO3 他のオープンソースの CMS では実装していない機能がいろいろと豊富なことにあります。たとえば,複数のドメイン・サイトを一つの管理画面で一元的に管理できる機能や PHP の GD 機能を利用したバナーや画像メニューなどの動的生成する機能などがあります。また、商用 CMS ではよくあるコンテンツの履歴管理やワークフローも標準で利用できるもの特徴になります 。 PHP-Nuke PHP 、 MySQL などで動作するコンテンツマネージメントシステム 。 RCMS 株式会社ディバータにより開発された CMS 。 Joomla ! オープンソース、フリーソフトウェアのコンテンツマネージメントシステム。 MODX PHP と MySQL で動作する汎用 CMS 。 基本仕様のシンプルさ、テンプレートシステムの柔軟性・拡張性の高さ、 URL 設定の自由度の高さ、高度なキャッシュ制御による軽快な動作、充実のユーザ権限管理( ※ ただし承認フローは未実装)、 Ajax を活用したスタイリッシュかつ操作性の高い管理画面が特長 。 C3 Dynamicweb Microsoft の .NET を用いたウェブサイトコンテンツを管理するための CMS アプリケーション。 ASP スタイルを用いて、独自サーバを持たない場合にも手軽に CMS のウェブサイトを始めることができる。デンマークで開発され、充実したモジュールと使いやすいインターフェイスが特徴で、現在もモジュールの構築が進んでいる。

おおまかな分類:

おおまかな分類 国産 の OSS (企業・自治体等が開発して公開) 日本語版のみの提供が中心。 多くは日本でのみの活用。 海外 の OSS( ヨーロッパ、アメリカが多い ) 多言語 システムが標準提供。 世界中で活用、開発が進む。

OSS活用メリット:

OSS 活用メリット 高い技術水準 開発者連携 ネットワーク 小規模事 業者でも高機能システム構築 オンライン開発(テレワークが可能) ソースを共通化してリソースを共有。 共同開発がシステム化 技術資産を継承・拡大

日本におけるOSSの課題:

日本における OSS の課題 日本でのカスタマイズ要求水準が高すぎる。 フィードバックを伴う開発をしない。 英語 で のコミュニケーション能力欠如。 友好的な開発者コミュニティの構築が苦手。 企業の活用が進まない。 公的 機関は OSS 活用を義務とする法律がない。 企業が利用を隠す。 使う だけ使ってフィードバックしない日本人。

WebMatrixで Geeklogをインストールする:

W eb Matrix で Geeklog をインストールする Windows PC で OSS CMS をすぐに試せる! Geeklog - The Secure CMS

Slide 51:

ここからはじめる

Slide 52:

Geeklog を選ぶ フィルダー名。 半角英数字で!

Slide 53:

ブラウザでサイトを表示 ファイルを確認

Slide 54:

インストールは ここをクリック

Slide 55:

新規インストールはここから

Slide 56:

デフォルトのままで!

Slide 57:

インストール実行

Slide 58:

インストール完了!

Slide 59:

Puraguin プラグインインストール

Slide 60:

ナビゲーションプラグインを インストール

Geeklogの操作はシンプル 記事作成編:

Geeklog の操作はシンプル 記事 作成編

Slide 62:

投稿モードをアドバンスト エディタに変更する。

Slide 63:

イメージアイコンをクリック

Slide 66:

画像タブの機能を利用すると 自動タグで配置が可能に。

Slide 67:

公開開始・終了日時など オプションを設定。 公開オプションで、公開・閉鎖日時の指定等設定。

Slide 68:

リンクアイコンで、 pdf ファイルなどもアップロードしてリンク。

Slide 69:

おすすめのモードは テキストモード 自動タグ lightbox で画像を表示( jQuery プラグイン) [ lightbox : 画像の URL]

Slide 70:

コンテンツごとに細かく 設定 できる、アクセス権

Geeklogの操作はシンプル 静的ページ作成編:

Geeklog の操作はシンプル 静的ページ 作成編

Slide 72:

静的 なコンテンツは、 静的 ページプラグインで。

Slide 73:

コンテンツごとに細かく 設定 できる、アクセス権

Geeklogの基本機能:

Geeklog の基本機能 投稿管理 管理画面のトップであり,記事などの投稿申請を管理者がここで承認あるいは拒否できます。 コンフィギュレーション Geeklog サイトや各プラグインのコンフィギュレーションを設定します。 記事 記事を作成・編集・削除できます。 ブロック レイアウトの左右のブロックコンテンツを作成・編集・削除できます。ブロックは PHP ポータル ノーマルの3種類があります。 話題 記事の属する話題を成・編集・削除できます。 ユーザ ユーザーを管理します。 グループ ユーザが属するグループの権限やユーザリスト管理をします。 グループメール グループ別にメールを送信できます。時刻指定や ID 範囲指定を行いたければ Assist プラグインを活用してください。 フィード 記事すべて,あるいは話題ごと,あるいはプラグインごとにフィードを作成します。 トラックバック トラックバックを行います。 プラグイン プラグインをインストール,アンインストール,アップグレードします。

Geeklogのプラグイン:

Geeklog のプラグイン 静的ページ 固定的なページである,たとえば会社概要や お問い合わせページなどを 作成します。 リンク リンク集のページを作成します。 アンケート 投票ページを作成します。 Dbman データベースをバックアップします。 カレンダ jp カレンダープラグイン日本語版です。 自動タグ Geeklog の自動タグを補強するプラグインです。自動タグを自由に作成できます。 サイトマップ Google サイトマップと,サイトで表示するサイトマップを作成します。 テーマエディタ テーマを編集できます。 メディアギャラリー 画像や動画のギャラリーを表示します。 メルマガユーザ ニュースレター・メールマガジンへの登録管理をログイン不要で行えます。 ナビゲーション パンくずリスト・階層メニューを管理します。 ダウンロード ファイルを管理します。 日本語化 サイトを日本語化します。 Assist 企業サイトなど複雑なサイトを構築する際にアシストしてくれる様々なツール Paypal PayPal 決済が行えるカートを作成できます。 jQuery lightbox などを自動タグで簡単にサイトで利用できます。 モブログ メール送信によって記事を投稿できます。画像添付も可能です。 DataBox データの構造を管理画面で定義可能。 UserBox DataBox プラグインのユーザプロフィール版です。 DataProxy Geeklog のコンテンツ(記事,静的ページ,掲示板など)の取得を共通の API で行うためのプラグイン。サイトマッププラグインなどで活用 。 GoogleAnalytics グーグル解析 他プラグイン多数

WebMatrixをもっとつかう:

WebMatrix をもっとつかう

サイトを再び新たに設置する:

サイトを再び新たに設置する

サイトを複数管理する:

サイトを 複数管理する

データベースを確認する:

データベースを確認する

Geeklog活用事例:

Geeklog 活用事例

Geeklogの特徴:

Geeklog の特徴 軽快 な動作 高機能 開発 のしやすさ 拡張性の高さ ブログ・記事機能があり、 SEO 性能が高い 多言語システム テーマシステム

Geeklogの特徴:

Geeklog の特徴 本家コア開発者と日本のコア開発者の 良好な関係 本家へのフィードバック プラグイン、コア部分( Oauth 、 CSS テーマ、高速化等) ドキュメント管理システムでソース管理 セキュリティ へ の姿勢

ありがとうございました。:

ありがとうございました。 Geeklog Japanese Twitter: @ geeklogjp # geeklogjp http ://www.geeklog.jp 株式 会社アイビー・ウィー http://www.ivywe.co.jp Twitter:@ ivywe @ ivyjp # ivywe info@ivywe.co.jp

authorStream Live Help